先生の働き方Design研究所

学びや環境、つながりをデザインすることが好きで、先生の楽しい働き方について考えるブログです。

ステイトメントの練り直しが必要

 昨日起こった二つの出来事。強い指導をしてしまった。

 

 その指導に緊急性と即時性はあったか。きっとなかった。特に誰かの身に危険が迫っていたわけでもないし、すぐにどうこうしなくてはいけない状況ではなかった。そこまで怒る必要もなかったわけだ。

 

 

 

 

 僕のフォーカスが子どもの「行動」に向いているということ。本来そうじゃない部分、能力、価値観、アイデンティティに向けていくべきところ。そうじゃないと子どもの変容はない。。。

 

 しかしいくつかの要因でたまにここに戻ってきてしまう時がある。

 

  • 前年度できていたことができていない。
  • 時間がなく、何かに追われている。
  • 自分の体の状態、疲れ具合。

 

 我ながら情けないが上記のことが重なるとそこに戻ってきてしまう。

 

 まずは自分の中の能力、価値観、アイデンティティをもう一回練り直すこと。そうすると子どもたちにも同様に同じようなものがあり、そこに目がいくはずだ。

 

 

aosenn.hatenablog.com

 

 

 自分自身のステイトメントをもう一回、練ろう。ここが曖昧だ。

f:id:aosen:20170502044036j:plain

 

 もう一回、ステイトメントを練り直すこと。。。GWの課題にしよう。