学びとつながりをデザインしたい!

学びや環境、人と人とのつながりをデザインすることを大切に、ワークショップ型授業、プロジェクトアドベンチャー等を実践中。タスク管理や趣味の読書、スポーツのことなど、多岐にわたって書き続けます!

一斉授業研、子どもの頑張り、光る姿が見られたよ!

f:id:aosen:20170126035520j:plain

 

 自身4回目の一斉授業研を昨日行いました。12年間で4回、縁あって3年に一回ペースで他の学校の先生方が集まる授業研を代表でさせていただいています。

 視聴覚、理科、体育とこれまで行ってきましたが、「養護部」会での授業研です。4年生の「育ちゆく体とわたし」の2時間目を行いました。

 今回は夏休みぐらいから養護教諭と一緒に、あーだこーだ言い合いながら作ってきた授業。だからたくさんの先生の前でも、楽しく、子どもの学びを考え、授業できたかなぁと思いました。

 一緒に授業を作っていくって、自分以外の視点が入り、とても有意義な時間だと思います。自分の授業を振り返るし、その授業をデザインする考え方を振り返るからです。「そもそも、僕のこの考え方って…」そんな気づきがたくさんありました。一人じゃなければ、PDCAのPも大変じゃなく、学び甲斐のあるものなんだと思うことができました。

 事後研究会でも、色々な学びがありました。

○机の形態のさらなる活性化。
○親指メーターでの可視化。
○グループでのコミュニケーションの後に大切にしたいこと。

 

 授業者が一番得をする研究会だったと思うし、養護部会の学びにも少しは貢献できたなかぁ。授業研自体の意義については、僕は違ったやり方があると思うし、考え直していかなくてはいけない時期に来ているとは思っています。ただ、こうやって研究会の代表として、養護部会の方々の協力のもと授業させていただいたのは、とても嬉しいことです。


 またひとつ大きなものが終わりました。今日は社会科見学、横浜を満喫してきます!