読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びとつながりをデザインしたい!

学びや環境、人と人とのつながりをデザインすることを大切に、ワークショップ型授業、プロジェクトアドベンチャー等を実践中。タスク管理や趣味の読書、スポーツのことなど、多岐にわたって書き続けます!

できたことジャーナル、いい感じで進んでいます!

学級経営

 年明けから始めている「できたことノート」を参考にした「できたことジャーナル」いい感じです。

 やり方はシンプル。毎日できたことを3つ書き出します。

 コツは、3つのメガネをかけること。これは本からそのままとって、次のような感じ。

「感情」の変化を見るHappyのめがね、「数字」の変化を見るNumberのめがね、そして「人の反応」の変化を見るPersonのめがねの3つです。  さらに「どのような視点で見るか」ということで、それぞれのめがねには3つずつレンズがあります。
Happyは①スッキリ②ワクワク③ハツラツのレンズ
Numberは①時間②数値③習慣化のレンズ
Personは①感謝②表情③行動のレンズ

 そして1週間経ったら、出てきた3×5日分のできたことの中から一つを選んで内省します。ここでは4つのステップ。

①詳しい事実
②原因の分析
③本音の感情
④次なる行動

 昨日の朝に、前の週を振り返って、内省してみたところ…子どもたちの文章にちょっと驚きました。もともと書くことにはこだわってやってきたので、よく書く子たちですが、4年生のこの時期に、こういう文章が出てきたのは初めてかもしれません。

やはり内省の4ステップは重要。特に①②で事実を分析をした後に、③の感情をしっかりと出すところが鍵。そしてプラスのことから「次どうするか」を引っ張り出していくことが、子どもたちにとっていい効果がありそう。

とはいえ、毎日じゃなくてもいいのかもなぁ、ジャーナル。週末の「振り返り」からの学びからぐるぐる考え中。

 

 

1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート

1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート