学びとつながりをデザインしたい!

学びや環境、人と人とのつながりなどをデザインします!雑記ブログです。

鳳凰三山登山泊1日目、登りながら思い出したのはベッポの言葉

 土日の2日間で、鳳凰三山登山泊に行ってきました!

 

 

 大学の野球部仲間との企画、立ち上がったのは4年前です。

 

 3年前に北アルプスの白馬岳に初めての登山泊を行いました。

 

 

f:id:aosen:20170828043514j:plain

 

f:id:aosen:20170828043549j:plain

 

高山病っぽくなりながらも、2日目の雲の上からの景色に感動した覚えがあります。

 

ただこのときは一人が事情で来れなかったため、2人での登頂となりました。

 

昨年、おととしは天気や家族の事情でいけず…4年越しの想いがとうとう、今回実りました。

 

1日目 

青木鉱泉 → 鳳凰小屋 → 地蔵岳 

→ 鳳凰小屋

 

 山梨県韮崎市にまで中央高速で行き、6:50青木鉱泉からスタート。

 

 

 いくつかの滝を通りながら登っていきます。 

 

 

 自然の迫力を至る所に感じました。

 

登りながら考えたのは…

 

登山をするといっつも大好きな「モモ」の掃除夫ベッポの言葉を思い出します。

 

 

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

 

 

 

 

「なあ、モモ」と、ベッポはたとえばこんなふうにはじめます。

「とっても長い道路をうけもつことがあるんだ。おそろしくて、これじゃとてもやりきれない。
こう思ってしまう。」

「そこで、せかせかと働きだす。どんどんスピードを上げていく。ときどき目をあげて見るんだが、
いつ見てものこりの道路はちーともへっていない。だからもっとすごいいきおいで働きまくる。
心配でたまらないんだ。そしてしまいには息がきれて動けなくなってしまう。道路はまだ残って
いるのにな。こういうやり方はいかんのだ。」

「一度に道路ぜんぶのことを考えてはいかん。わかるかな?つぎの一歩のことだけ、つぎの
ひと呼吸のことだけ、つぎのひと掃きのことだけを考えるんだ。いつもただつぎのことだけをな。」

「するとたのしくなってくる。これがだいじなんだ。たのしければ仕事がうまくはかどる。こういう
ふうにやらなきゃあだめなんだ。」

「ひょっと気がついた時には、一歩一歩すすんできた道路がぜんぶおわっとる。どうやって
やりとげたかはじぶんでもわからんし、息もきれてない。」

「これがだいじなんだ。」

 

 

 

高い山の上の方見てるだけだと辛いから、目の前の一歩一歩。

 

一歩に集中してそこに楽しみを見出す。気づくと高いところまで来てる。

 

でも一つのコトに没頭する、そういう体験って日常ではなかなか生み出すことができない。だから登山って頭の中がすっきりするんだろうな。

 

 

 

 5時間半かけて鳳凰小屋に到着。テントを張り、さらに上の地蔵岳を目指します。

 

 

 

 2764m、ついに山頂に到着!!

 

 

 岩の上から撮った写真、その景色はまさしく「サイコー」の一言!!

 

 

絶景が広がっておりました。

 

 テント場に戻り、夕飯とビールを飲み就寝。就寝時の星空は満点で大迫力でした。

 

 2日目に続く…

 

 それではよい一日を!