先生の働き方Design研究所

学びや環境、つながりをデザインすることが好きで、先生の楽しい働き方について考えるブログです。

メルカリ初心者が、出品してみて感じたこと

f:id:aosen:20171114040733p:plain

 

おはようございます。1日立ち仕事の疲れは残っていますが、身体も午後にかけて戻っていくでしょう。昨日はたいいく大会お疲れ様でした。

 

ずっとやってみたかったメルカリについて、先週から2品出品してみて感じたことを書いてみます。

 

 

やってみようと思ったのは?

 

売る人と買う人が直接やりとりできるという点。○ックオフに持って行ってもわけのわからないところで、値段が引かれ、購入価格の10分の1以下へ。その間のマージンは○ックオフが持っていっているという仕組みに嫌気がさしたからです。

 

たまたま手元に新品があったので、是非出品してみたいと考えました。

 

 

 

 

それに友達に高額で売れるよと聞いたからです。

 

2品出品してみて…

 

結果から言うと2品とも、即売れてしまいました。出品から3時間以内で購入していただきました。

 

 

MEGAの購入によって不要になったほぼ日手帳は、ファイルとカバーオンカバーもつけて出品しました。

 

 

AirPodsの音声入力の実力により不要になったポメラは、カバー等もつけてこの値段で売れました。

 

僕個人としても大満足です。ブックオフだとこの値段はなかったでしょう。間違いなく。

 

自分で付加価値をどうつけるか

 

ブログと感覚が近く、ここが重要なポイントだと思います。自分の書き方で読者にちゃんと伝わる点が嬉しい。

 

説明欄にいかに書くか。

 

ぼくはこのサイトを参考にしました。

 

nomad-saving.com

 

ふるさと納税のこともすごくわかりやすく書かれています。この方、すごい!

 

大事だと思ったのは、説明欄の書き方。

 

  • 定価だといくらなのか
  • この商品で何ができるのか
  • なぜ出品するのか
  • 商品の状態もなるべく詳細に

 

このあたりは、気をつけたことですね。

 

「この商品で何ができるのか」は使い込んできた人ならではの視点になります。ここを練っていくことで、付加価値があがっていくんじゃないかなと思っています。

 

また、何かとセットで出すこと。

僕はポメラにはEvernote連携ができるSDカードをセットにしました。こういう風にセットにして、即使える状態に持って行くことも付加価値を上げることにつながります。

 

 

価格の付けどころ

 

これは難しいのですが、他の出品者の価格を見て、「SOLD」になっているところの価格を狙ってつけていくのがいいかと思われます。セットにできる物があれば、それで組み合わせて価格+αでいけるかなと。

 

自分の言い値でつくし、もし購入者が現れなければ値段を下げて再出品すればいいだけのこと。攻めていっていいかと思います。

 

 

配送方法が簡単!

 

これも大きいですね。匿名配送ができることで、住所を知られずに送ることができます。

 

「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」がそれに当たるのですが、配送料も数百円で、梱包していけば、郵便局、ヤマトの営業所、コンビニからも送ることができます。梱包しなくても、専用の安価の箱がそれぞれの場所に設置されつつあるようです。

 

まとめ とはいえ懸念も…

 

まだ2品の出品ではあれこれ言い切れませんが、間に販売者を挟まないサービスとしてはますます便利になっていくでしょう。自分には価値がなくなった物が、他の誰かにとっては価値がある物だったりする…こういうことが進めば、バンバン新品を消費する社会にストップがかけられるかもしれませんね。

 

とはいえ、懸念もありまして2点言わせていただくと…

 

1点目は多くの方の出品数が異常なこと。何点出品してんだ!という方もいまして、それはまさに転売目的の方なんだろうな…とも想像がつきます。僕に値下げ交渉をふっかけてきた人もまさしくそうでしょう。本来のメルカリ側のビジョンが達成されるように頑張って欲しいです。

 

もう一点は、「ちょっと新品を買っても、だめならメルカリで売ればいい!」的な人もたくさん増えていくかも知れないと言うことです。どんどん消費することは経済を活発にさせる観点から言うといいのかもしれませんが…僕は逆に家の中のものをどんどん減らして、本当に必要な物だけあればいいというスタイルは崩さないでいこうと思います。

 

それではよい1日を!