先生の働き方Design研究所

学びや環境、つながりをデザインすることが好きで、先生の楽しい働き方について考えるブログです。

読書ノート「フリーランスの教科書」実田村元宣、内海正人

 

f:id:aosen:20171107025627p:plain

 

図書館から借りた1冊を読み終わりました。

 

 

フリーランスの教科書 (星海社新書)

フリーランスの教科書 (星海社新書)

 

 

 

 

どうして読んだかというと

 

www.kesuke03.xyz

 

ふたせんさんがブログの中でこのような想いがあることを聞き、自分も興味を持っていたフリーランスについて考え始めたからです。

 

 

いろいろと示唆に富んでいました。

 

選択と集中

 

 

先生としての仕事もそう。結局子どもにとって大切なことってたくさんあるんです。そして先生方、本当に引き算が苦手。実践を足してよりよくしようはわかるけど、何かをやめてどうにかしよう…は生まれてこない。

 

やめることで一つのことに集中できるんです。さて、自分は何を捨てていこうか。

 

 

サラリーマンの好待遇

 

 

今の僕らの待遇もたくさん恵まれていると言えます。フリーランスの厳しさが実際に数値としてわかったことが、この本の中でありがたかったこと。

 

 

こちらの本もとても参考になったのですが、やはりお金のことはたくさん学んでいかなくてはいけないことです。

 

aosenn.hatenablog.com

 

保険、年金、投資…自分の手で学んでいかないと、誰かがやってくれるうまい話はありません。

 

法人化の謎

 

 

有名なブロガーの方が法人化しているのは、節税対策なんですね。そういったことも載っていました。

 

この本、税理士さんと社会保険労務士さんが、書き手ですので、こういうところに強いなぁと。いろんなケースを学ぶことができました。

 

まとめ 実際に始める人向け

 

これから「フリーランスどうしようか?」という人向けではなく、「フリーランスはじめます!」って人向けの具体的な一冊でした。

 

まだまだ自分にとっては早いかな。具体的なプランを練る前に

 

「自分が本当にやりたいことは?」

 

と考えていきたいと思います。

 

 

少々眠いですが、今日もよい一日を!