先生の働き方Design研究所

学びや環境、つながりをデザインすることが好きで、先生の楽しい働き方について考えるブログです。

実はマイクが秀逸!?AirPodsの魅力

 

f:id:aosen:20171024040335p:plain

おはようございます。

 

昨日は暴風警報により、臨時休校でした。

 

 

娘が発熱。公園での元気のなさに気づくべきだった。。。

 

さてさて今日は「AirPods」のこと。

 

 

AirPodsって?

 

 

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

 

 

 

我が家にも家族からの誕生日プレゼントで購入しました。

きっかけは同僚との会話。Apple大好きな先輩が、「これいいよ!!」とオススメしてくれたこと。

 

 

 

Appleのワイヤレス型イヤホンです。さすがApple、細かなところまで気が配ってあって非常に使いやすいです。

 

ケースが充電器

 

専用ケースが充電器になっていて、入れるだけで充電ができます。そして充電器自体もいつものライトニングケーブルとつなぐと充電が可能です。

 

 

またケースの下部にマグネットがついているらしく、イヤホンをしまうと、すっとそこに入っていく感じもいい!

 

自動化って最高!

 

 

これが細部のこだわりだろうか。

 

 

まずは、充電器から外し耳にセットすると自動的にiPhone等設定して置いた機器と接続される点。特に他のボタンを押すことなく操作を始められることってすごいなぁと。

 

さらに、片耳外すと「再生停止」、戻すと「再生再開」。これも誰かに呼び止められたときなど、自動的に音楽に戻ることができます。

 

もちろん、両耳外しても「停止」で、充電器兼ケースに入れると、「接続解除」。

 

あぁ、なんて便利。よく考えると便利なんだけど、他のどのイヤホンでもなしえなかったことができるのがAppleのすごさだな。

 

外れやすくないの?

 

家族にも聞かれたのはここ。

 

実は僕が前使っていたのもワイヤレス型イヤホンなんですが、それに比べると遙かに外れにくいです。耳へのフィット感があって、ヨガしていても外れません!

 

これは非常に助かる。

 

ただランニングで使っていた人が、汗から充電不能になったという報告もあります。汗をかくスポーツ、季節には注意が必要です。

 

実は魅力はマイクにある!?

 

 

傑作なのは音声入力の方かも知れません。

iosの音声入力になってすごくスピードが上がったこと、それによって振り返りは書くよりしゃべる方が断然早い。

 

前までは「iPhoneに向かって話す」感じだったが、このAirPodsは「本当にしゃべっている」感じで入力ができる。AirPodsについているマイクがかなり高感度で、確実に自分の言葉を拾ってくれる感じだ。

 

おかげでSkypeも超快適。企画に関するSkype会議も1時間、ストレスフリーで話せました。

 

 

デメリットは?

 

 

この二つですかね。

 

特に②は外でつけるには勇気がいるなぁ。思い切ってやってしまえば何でも無いし、学校でも認知されていれば、OK。最初の一歩目が勇気だな(笑)

 

 

まとめ 僕にとっては価値が高い商品。

 

デメリットを差し引いても僕には購入する価値がありました。決して安価な商品では貼りませんが、これから毎日音声入力で振り返りをとれるとなると、コストパフォーマンスも優れていると言えるでしょう。

 

 

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

 

 

 

他にもいい機能を見つけたらお知らせします。それでは!