先生の働き方Design研究所

学びや環境、つながりをデザインすることが好きで、先生の楽しい働き方について考えるブログです。

読書「すぐやる!行動力を高める科学的な方法」は超良書です。

こんばんは!今日は読書のまとめ。

 

久しぶりに、いい一冊に出会えました。

 

 

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法

 

 

 

Amazonでの評価も高かったので、Kindleで購入。

 

 

 

すぐやるコツ①「余計なものは見ない」

 

 

 

 

 

 

 

 

これは大きな発見でした。

 

カフェでずらっと並べた本、手帳、仕事道具。結局終わらないんだよなぁ、ってことがよくあります。それより家の書斎で一つ一つクリアしていく時のほうが、はかどるはかどる。

 

そして教務主任の先生が、どうして仕事が早いかもわかった。きれい好きは性格ではない。余計な情報を脳に与えないために、ロスしないためにやっていることなのだ。早速明日、僕も教室や職員室片付けてみよう。

 

 

すぐやるコツ②新しい区切りをつける

 

 

次の作業にちょっとだけ手をつけておくこと。それによって、脳は驚くほどやりやすくなります。

 

またまた教務主任の先生の話になりますが、隙間の時間にもさっと仕事をしてしまう。だから次への見通しがつき、ぐんぐん加速していくのでしょう。僕も同じように仕事をしてみようと思います。

 

 

すぐやるコツ③メンタル文法をつくる

 

 

メンタル文法、目からうろこです。

 

僕も考えてみます。

 

  • 頼られたらすぐにやる!
  • 子どものことならすぐにやる!
  • 家族のためにすぐやる!
  • 自分への投資はすぐにやる!

 

これなら一歩を踏み出せそう。

 

まとめ アクションプラン

 

  1. 身の回りを片付けて、脳に負担をかけない。
  2. 新しい作業の区切りをつける
  3. メンタル文法をつくってみる!