先生の働き方Design研究所

学びや環境、つながりをデザインすることが好きで、先生の楽しい働き方について考えるブログです。

自然な流れで進んでいく「朝のサークルタイム」

仕事がまったく終わらない青線です。地域のお祭りが迫ってきておびえています(笑)

 

今日は、朝のサークルタイムの流れについて。

 

 

「より自然に」をテーマにして、子どもの意見を取り入れながら創っています。

 

 

 

 

うちのクラスはペアのカードを引いてサークルになっています。いろいろな理由があるので、まだドミノには移行できません。ペアカードでひたすら引いています。

 

 

最近いいなぁと思ったのは、4のペアトーク以降の流れ。

 

 

ペアトーク後、ペアカードが入っていた袋を1周回します。その中で僕も回ってきたら「先生の話」を話し、ペアトークの内容でみんなに言いたい人は言う。みなさんからの連絡もその一周に入れる。袋の中にペアを決めるときに使ったカードは入れていく。そんな感じです。

 

この1周がすごく自然でいいなぁと。

カードも集められるし、ペアトークのことも聞けるし、自然な時間。ぼくもその流れで朝の話をします。

 

自然な時間は大切ですね。1時間目に専科の授業もあるし、朝の自習タイムも入ってきて、毎日はサークルになれないんですけどね。。。それでもこの活動は大切。

 

あとは国語「明日をつくるわたしたち」で身近な課題解決について学習しているところなので、そこからクラス会議のような場を創っていこうと思います。

 

それではよい一日を!