先生の働き方Design研究所

学びや環境、つながりをデザインすることが好きで、先生の楽しい働き方について考えるブログです。

国語5年光村「からたちの花」にて、ポリフォニック・リーディングを実践しました。

 夏に学んだことを早速教室で実践してみました。

 

f:id:aosen:20170830035037j:plain

 

 

aosenn.hatenablog.com

 

 

aosenn.hatenablog.com

 

 夏休み中に「ひこ」こと井谷信彦先生に教わった「即興群読」。ちょうど教科書でのスタートの授業、「からたちの花」にぴったりだと思い、クラスで実践することに。

 

からたちの花が咲いたよ。
白い白い花が咲いたよ。

からたちのとげはいたいよ。
青い青い針のとげだよ。

からたちも秋はみのるよ。
まろいまろい金のたまだよ。

からたちのそばで泣いたよ。
みんなみんなやさしかったよ。

からたちの花が咲いたよ。
白い白い花が咲いたよ。

 

 

 

 

2つの班を合体して、9,10人で1グループとしました。

 

まずはそれぞれのグループで、「自分の好きな1節」の紹介。グループ内で紹介してお互いに聞き合いました。

 

その後教室で輪になって、教師の読みをベースとした群読に入ります。

 

子どもたちの声、互いに聞きあいながら自由に入ってくる感じ…僕が夏休みに即興群読に感じた、わくわく感と芸術性を同じように感じることができました。

 

「ここまでできるんだ!!」

 

というのが素直な感想。

 

この日はどうしても決めなくてはいけないことがあり、前半に時間をとったので、ここまでとなってしまいましたが、次の時間、教師のベース読みもなくした即興群読、ぜひ取り組んでみたいと思います。

 

その際には振り返りジャーナルを使って、しっかりと振り返ってもらおうと考えています。

 

子どもたちの声が教室に戻ってきてから2日、いいペース、ゆったりとしたスタート、きれていると思います。

 

それではよい一日を!