読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びとつながりをデザインしたい!

小学校教員をしています!ただいま12年目。30台半ば、家族を大切にしながら楽しんで育児もしています。学びや環境、人と人とのつながりをデザインすることを大切に、ワークショップ型授業、プロジェクトアドベンチャー等に興味があり、実践しております。タスク管理や趣味の読書、スポーツのことなど、多岐にわたって書いていきます。

【過去記事】ペア読書スタート!

学級経営

トミーの投稿に刺激されて、久々の投稿。
出張続きで忙しくなかなかあげられないのですが、クラスはぐっと次のステージに進もうとしています。

9月からスタートさせたリーディングワークショップ。
カンファランスで一人読みの具合も掴んだところで、ペア読書かブッククラブを考えていました。相方のトミーに相談したところ「ライオンと魔女」のブッククラブを勧められたのですが、うちのクラスの実態からすると、まだまだ読めずに終えてしまう子もいたので、今回はペア読書でやろうと決めました。

エルマーの冒険もいればモモもいます。

 

 

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

  • 作者: ルース・スタイルス・ガネット,ルース・クリスマン・ガネット,わたなべしげお,子どもの本研究会
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1963/07/15
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 3人 クリック: 48回
  • この商品を含むブログ (141件) を見る
 

 

 

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

 

 

 

モモ読んでいる二人の女の子なんて、ほんの世界にハマりまくって、素敵な表情で1回目の対話をしていました。とても幸せそうな様子。本を片手に話し合えるってすごくいいなぁっていつも思っちゃいます。
 
読書ノートにしっかりと準備する子もいて、次の日に紹介したいですね。
 
 
 
子どもたちの振り返りからは、
 
○分かち合えること
○仲を深められること
○本について詳しく話せること
○理解が進むこと
○続きが読みたくなること
 
を感じている子が多かったです。
 
基本は一人読みなんですが、このペア読書やブッククラブは、ググッとエネルギー剤のようなパワーを持っています。読書って「一人でやるもの」じゃないというエネルギーと、友達と一緒にちょっと背伸びした本にチャレンジできるエネルギー、今回もひしひしと伝わってきます。
 
ごんぎつねもしっかりと読みながら、自分たちの本の世界を味わっているこの子達を見ていると、なんだか幸せな気持ちです。