学びとつながりをデザインしたい!

学びや環境、人と人とのつながりをデザインすることを大切に、ワークショップ型授業、プロジェクトアドベンチャー等を実践中。タスク管理や趣味の読書、スポーツのことなど、多岐にわたって書き続けます!

フィンランドの考え方から日本の先生が学べることはたくさん!

 

sekai-shinryaku.jp

 

www.facebook.com

 

 見られますか?

 

 このドキュメンタリー映画の中で、フィンランドの先生が語ってることがすばらしい。僕の理念の中心に来るべき言葉に溢れていた。

 

 

  • 宿題という考え方がすでに時間遅れ。
  • 脳を休ませないとという考え方。
  • ずっと酷使していると学べなくなる。
  • 授業を減らして学力が伸びた。
  • 統一テストをやめるべきだという。テストで点を取る訓練は教育じゃない。
  • 誰かが大儲けする学力システムを変えよう。
  • 自分の脳を活用できるよう、必要なことは全部教える。
  • 子供でいられる時間は短いんだもん。幸せになるために学校に来よう。
  • 授業料を取るのは違法。だから私立校も生まれない。裕福な大人になっても、他人の境遇を尊重できるように。
  • フィンランドでは、「将来何にでもなれる」って言葉に嘘を感じない。

 

 

 学ぶように遊ぼう、遊ぶように学ぼう。
 僕は子どもたちの幸せについてもっと考えるべき。