読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びとつながりをデザインしたい!

学びや環境、人と人とのつながりをデザインすることを大切に、ワークショップ型授業、プロジェクトアドベンチャー等を実践中。タスク管理や趣味の読書、スポーツのことなど、多岐にわたって書き続けます!

一瞬の嵐を切り抜けるには?

昨日は最後の給食でしたが、その中でしかる場面がありました。詳しくは書けませんが、「他の人のことを考えずに、自分たちだけの行為…」についてです。一言言いましたが、その場を動かず何もできない。。。そこで叱りました。 メンバーもメンバーだったこと…

読んですぐに生かせる…先生の職業の素敵なところ

平成28年度も残すところ1週間と少し、昨日は卒業式の予行練習もありました。 思い返してみると、この1年間は自分にぴったりの本と出会い続けた1年でした。 まずは4月。子ども達とのアプローチの仕方を変えたいなぁと思っていたところ、この2冊がヒッ…

上達するために必要なたった一つのこと

上達するために必要なたった一つのこと… それは「続けること」です。 僕自身も続けてきたことは沢山あります。 毎日、家族の朝ごはんをつくる。 毎朝の家事をルーティン化する。 ヨガと筋トレ。 読書の習慣。 フットサルと草野球。 毎日の振り返り。 こども…

自分仕様の先生ハンコを作ってみよう!途中経過発表!

ハンコ(ゴム印)づくりの途中経過です。 前の記事はこちら。 aosenn.hatenablog.com illustratorを使っての製作が終わりました。作成時間25分。 www.adobe.com 教職員の割引でも、月々1000円で使用しています。それだけの価値がこのソフトにはありま…

「結果にコミットする!」を続けてみるよ。

○イザップではありません。 筋力トレーニングをここ3年ぐらい続けてきました。使っていたのは、毎日7分の7 minutes workoutというやつです。30秒やって10秒休む。これを繰り返し7分間のトレーニングを行います。 7 分間エクササイズ - 7 Minute Worko…

【書評】徹夜しないで人の2倍仕事をする技術 三田流マンガ論

『徹夜しないで人の2倍仕事をする技術三田流マンガ論 ─三田紀房流マンガ論─ 』 (コルク) 作者: 三田紀房 出版社/メーカー: コルク 発売日: 2017/02/06 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る Amazonで安かったのと、ドラゴン桜を書いた人の作品はそ…

自分仕様の先生用ハンコを作ってみよう!

振り返りジャーナルのことについて、学んでいると、押しやすいコンパクトなハンコが欲しいなぁと思いました。 aosenn.hatenablog.com 金曜日に、「今年度のみんなとの思い出を記念して、作りたいなぁと思っていて、デザイン考えてくれるかなぁ。」とお願いし…

【書評】「振り返りジャーナル」で子どもとつながるクラス運営

「振り返りジャーナル」で子どもとつながるクラス運営 (ナツメ社教育書ブックス) 作者: 岩瀬直樹,ちょんせいこ 出版社/メーカー: ナツメ社 発売日: 2017/02/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 素晴らしい一冊でした。ゴリさん…

【告知】上條先生と鈴木先生をお呼びして、講座を開きます!

僕が仲間と主催している学びの会に東北福祉大学教授上条晴夫先生、インプロパークから鈴木聡之先生をお迎えして、インプロとリフレクションのワークショップを開催します。 www.kokuchpro.com 上條先生といえば…僕が初任の頃、学習会でお見かけしたこともあ…

若者がICTを使うものの、その目的は「消費」なのか。

面白い記事をイケダハヤトさんのブログで発見。 www.ikedahayato.com 情報発信者の舞田俊彦さんのツイートにたどり着きました。 どううまく使うかですね。僕も6歳までに娘に使える物をもたせたいと思っています。 ゲームやるもんじゃなくてね。ipadproかな…

マンモスパウワウ2017に参加します!

mammothschool.com 僕の大切な友人、トミーと家族ぐるみでアウトドアフェス「マンモスパウワウ」に参加してきます。これはすごーく楽しみで、うちの娘も今からワクワクしています。 2日間、いろいろな企業がワークショップを行いながら、野外ライブあり、子…

朝のサークルは笑いに包まれて進んでいきます

昨日の朝は、「前日納得いかないことがあった」とジャーナルで話していた子と日向ぼっこしながら、じっくりと話を聞いていました。集会が終わっての朝の会の時間。タワーボールでの出来事だったけど、その子がよく話してくれて、前に進むことができました。 …

【書評】直木賞受賞作「蜜蜂と遠雷」を読んでみたよ。

素晴らしい一冊でした。2016年度、小説で自分の中では間違いなくナンバー1。 蜜蜂と遠雷 作者: 恩田陸 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/09/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (21件) を見る 僕は司書教諭の方に借りたのですが、分厚さに…

仲間とのやりとりにslackを使い始めたよ!

slack、本の中での紹介から知ったビジネスチャットソフトです。学びや、プロジェクトを進めて行く上では、Facebookより使いやすい気がしています。 Slack Slack Technologies, Inc. ビジネス 無料 Slack - Business Communication for Teams Slack Technolog…

実践するにあたって大切にしている3つのこと

次年度、ある方の協力を得て、ワークショップ型の授業をもう一度研究し尽くしてみたいと思います。僕がやろうとしているのは読書家の時間です。 読書家の時間: 自立した読み手を育てる教え方・学び方【実践編】 (シリーズ・ワークショップで学ぶ) 作者: プロ…

【過去記事】ペア読書スタート!

トミーの投稿に刺激されて、久々の投稿。 出張続きで忙しくなかなかあげられないのですが、クラスはぐっと次のステージに進もうとしています。 9月からスタートさせたリーディングワークショップ。 カンファランスで一人読みの具合も掴んだところで、ペア読…

Workflowyがハブ的役割を持っていることで、書くことへのハードルがぐんと下がった!

続けてこのブログでも紹介してきた合う突ラインプロセッサーのworkflowy。最近の使用頻度がぐんぐん上がってきました。 aosenn.hatenablog.com aosenn.hatenablog.com ここで書き続けているメモが有機体となって、いろいろなサービスのハブ的役割となってい…

いよいよ3月、4年生の最後までにやりたいこと!

題名をテーマに振り返りジャーナルを書いてもらいました。 振り返りジャーナルはこちら。読み終えましたよ。かなりの分厚い本ですが、子どもたちのジャーナルが載せてあって、気づきもたくさんありました。もう少ししたら書評をあげたいです。 「振り返りジ…

ちょボラ、ついに無くしてみました!

僕のクラス、「ちょボラ」をやっています。「ちょこっとボランティア」ネーミングは岩瀬先生から、そしてそれまでに取り組んでいた「一日一当番」は野中先生からのアイディアです。 困難な現場を生き抜く教師の仕事術 作者: 野中信行 出版社/メーカー: 学事…

同じ気持ちで、葛藤している先生たちがいる!

自分も今週はアンガーマネジメントについて書いてきたんですけど… aosenn.hatenablog.com aosenn.hatenablog.com aosenn.hatenablog.com 僕の周りの人(ネット上ですが…)もどうやらそこを感じているみたい。重なるところが多いのが不思議な感じでした。 nao…

どうしたら先生のプロジェクト管理ができるか、Brabio!がオススメです。

一年前ぐらいから使っているのがこちらの無料ソフト。 brabio.jp ガントチャートとして優秀です。プロジェクトタイプのタスク管理は、ここで調整しています。個人情報などに関わらない範囲ですが、うまくやれば学年の先生たちともタスクの共有ができると思い…

フィンランドの考え方から日本の先生が学べることはたくさん!

sekai-shinryaku.jp www.facebook.com 見られますか? このドキュメンタリー映画の中で、フィンランドの先生が語ってることがすばらしい。僕の理念の中心に来るべき言葉に溢れていた。 宿題という考え方がすでに時間遅れ。 脳を休ませないとという考え方。 …

18分集中法、これはすごい!

以下は途中まで過去記事です。 2014年1月19日に他のブログに掲載。 ↓↓↓ 1年以上続いています。18分間集中法。これはとてもすごい方法です。 18分集中法―時間の「質」を高める (ちくま新書) 作者: 菅野仁 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2012/1…

先生がイライラしないために考える3つのこと

様々な場面で成果があがる…パフォーミングに突入している証拠だと思います。卒業生・新入生への壁飾りでは、いろいろな子が活躍し、素敵なものができあがっています。また、外国語・国際理解の先生へのお手紙づくりは1日で飾り付けも見事なものが協力して作…

「課題の分離」ができないことがイライラの原因か!?

昨日の出来事をあれこれ考えているうちに、何かがトリガーとなって「課題の分離」という言葉が浮かんできた。 これはアドラー心理学の概念だ。 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 作者: 岸見一郎,古賀史健 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 …

子どもたちからのつらーいフィードバック

昨日は自分にとっては辛く、そしてありがたい1日でした。 詳しくは書けませんが、レクの途中に、僕がみんなの前で一人の子を強く叱る場面がありました。その子も泣きながら反論。 「あぁ、やってしまった。」と思う。もちろんレクの途中にしかるなんて自分…

「月壱會」少なくとも5年は続けている大切な友人との会。

先週の水曜日は、先生の大切な友人であるトミーと、「月壱會」をやりました。 この会は、お互いが実践家だと認め合っているトミーと月に一回近くの沿線の駅であい、その実践の共有等、色々なことをする会です。もう何年続いているんだろう。 お互いの教室の…

先生がApple Watch2を購入してよかったこと⑤  ヘルスケアとの連携が整い、ようやく実用的に!

だんだん先生と関係なくなってきているこのシリーズ。 ヘルスケア連携が整ったおかげで、実用的だなぁというアプリがたくさん出てきました。 まずはこちら。 AutoSleep。Watchを使って睡眠を自動で追跡します。 Tantsissa ヘルスケア/フィットネス ¥360 こ…

ライフハック@横浜でworkflowyを学んできました!

今日はライフハック@ 横浜に参加しました。 こういうことに興味を持ったのは、最初はこんな理由かな。 aosenn.hatenablog.com aosenn.hatenablog.com 今回は「workflowy」の使い方。 aosenn.hatenablog.com aosenn.hatenablog.com 僕も1月から使い始めて、…

先生のためのタスクマネジメント「omnifocus」

今日のとある講座につながる僕の探究心の源は、こっから始まりました。 Toodledo「超」タスク管理術 作者: 北真也,佐々木正悟 出版社/メーカー: シーアンドアール研究所 発売日: 2012/08/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 2人 クリック: 27回 この…

子どもたちのことは、子どもたちに聞く。

評価の時期になってきました。それと同時に1年間を振り返る時期でもあります。 必要なのはフィードバックをもらうこと。この時期の振り返りジャーナルには、けっこちらからの問いが多くなります。 ちなみに今読んでいるのですが、振り返りジャーナルはこの…

「消費」から「生産」へシフトしていかないと。。。

イケダハヤトさんの記事。 消費する側から生産する側へ。とても納得! www.ikedahayato.com ちょうど仲間のトミーと、コンテンツを享受する側から、創り出す側への移行。そして対価をもらうことで、そのコンテンツの質を上げていこうと考えていたところです。

ドッジボール大会決勝!!結果は…

月曜日にドッジボール大会、決勝戦が行われました。 それまではこちらね。 aosenn.hatenablog.com aosenn.hatenablog.com 外野の要の子がインフルエンザで欠席してしまったのですが、理科の実験の後に、モチベーションが落ちないように作戦を確認して、励ま…

体験学習法で、体育の授業を捉え直していくには?

僕が今のところ考えている大切にしたい学習観察は次の通りです。 先日、校内のメンター研でも時間を少しいただいて、話し提案することができました。特に今年は 「何度も繰り返せるチャンスがある」 「心から楽しいと言える」 の2つを大切にしてきました。 …

【過去記事】教科のプログラムデザインを学んできました!

今日は教科のプログラムデザインを学びに綱島へ行ってきました。 2年前、埼玉で学んだ学級に関するプログラムデザイン。「先生達には企業と同じような責任がない。結果を残さなくても、何となく『よい1年だったね』で通ってしまう職業。」という講師の方の…

【過去記事】目標、完成したけど完成じゃないよ

今年は、イラストで学級目標ということで。。。 しるらないカードを選ぶところから始まったゴールづくり。ようやく掲示物も完成しました。 その後、自分たちの言葉にあうイラストを自分たちが書いた中から投票で選びました。3人のものが選ばれ、「協力」「…

【過去記事】クラス目標をデザインの力で

今年の学級目標は、イメージ(イラスト)からスタート。 最初の20分 PAJのしるらないカードを使って「3月にクラスはどうなっていたいか?」をソロで考えました。自分のイメージにあう物を1枚選んで、その姿をジャーナルに書きました。言葉が先にあっ…

直木賞「蜂蜜と遠雷」が700円で!?

蜜蜂と遠雷 作者: 恩田陸 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/09/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (18件) を見る 単行本を同僚にお借りして半分くらいまで読み進めましたが、とっても面白い! 「羊と鋼の森」と言い最近ピアノ関係の本の面白さ…

数年ぶりのスポーツにチャレンジしてくことで、楽しさをまた思い出す

久しぶり、おそらく5年ぶりぐらいのマラソン大会。保土ケ谷区「かるがもファミリーマラソン大会」に出場しました。 5㎞ながら、アキレス腱を断裂して以来初だったので、すごく緊張。怪我がなければと思いました。でもスタートして号砲が鳴ると、怪我に配慮…

何を元に「カンファランス」をするか…答えが見つからない。

岩瀬直樹先生が提案されている「自己主導の学び」。 iwasen.hatenablog.com 僕は学びの主導権がきちんと子ども側にあることを前提として、「ライティングワークショップ」「リーディングワークショップ」などいろいろなことに取り組んできました。 ライティ…

ドッジボール大会、決勝進出。振り返りを積み重ねて、気持ちがまとまってきたなぁ!

ドッジボール大会で四年生ながら決勝進出!この快挙にわざわざ校長先生が励ましに教室に来るという。。。それぐらい四年生が決勝に残ったことはないのだそうです。 こちらの記事の続きです! aosenn.hatenablog.com 5年生に勝ち、低学年に助けられながらも…

先生がApple Watch2を購入してよかったこと④ iphoneを取り出さなくても…

もはや色々なところで言われている話ですが、iphoneをよーく使い倒していくと、取り出す機会が必然的に増えていきます。時にそれが煩わしく感じることもあるもんです。 そういう意味ではApple Watchは素晴らしいですね。今まで取り出していたものを取り出さ…

サークルタイムの話し合いを元にして、うちのクラスから2チームがベスト4に残ったよ!

うちの学校には「ドッジボール大会」というものがある。 ペア学年とチームを組んで、それぞれ低学年同士、高学年同士が対戦して「当てた数」の合計で勝負が決まる。学年が違うチームと戦うときはハンデがある。1年生対2年生だと、2年生が両手投げになる。…

「10歳」の節目に…やはり素直に感謝を伝え、成長を見せるのは素敵なことだと思う。

月曜日には「10歳の成長を祝う会」が開かれました。いわゆる昨今話題にもなる「二分の一成人式」です。 インフルエンザのピーク!で欠席が多かったこと、今年度は体育館が使えないので、「各教室」→「全員がなんとか集まれる外の場所」でやらざるおえなか…

体と心の繋がりを感じる今日この頃。

肩の力を抜くこと。週の振り返りででてきた今の自分にとって大切なこと。 そして緩やかに過ごすにはどうすればいいかと常に考えている。僕は緊張したり、キャパオーバーになると肩の力がグッと入ってしまう。それをなくすにはどうしたらいいか…。運転中も「…

「マトリョーシカ風アルミサークルベンチ」試作品を作ったよ。

サークルベンチ作りの1歩目がスタートしました。 きっかけは、パパ友の飲み会でのこと、去年の10月の頃です。 「僕、自動車会社関連で働いていて、イメージしたものなら大抵なんでもできちゃうよ。」 「そうなんっすか?実は僕、ベンチを教室に作りたくて…

イライラスイッチがどこにあるか知ることが、安定して子どもの前に立つ一歩目か。

誰しも自分の中に「イライラスイッチ」がある。そしてそのスイッチが押される状況は人の中で随分違う。どこかのクラスを通りかかって、そんなことで怒らなくても…。と思うこともあれば、多分同じように思われていることもあるのだと思う。 僕のイライラスイ…

大切なのは根っこ、その子がどんな子かを知りたい。

プロフェッショナル仕事の流儀、こんかいは脚本家倉本聰さん。 www.nhk.or.jp プロフェッショナル 2017年2月6日 170206 仕事の流儀 動画 倉本聰 倉本さんの仕事術として、脚本にならないその人の細かな部分まで、年表にしてメモをしておくのだという。北の国…

学力テスト1日目を終えて…

学力テストなるものが終了。 もっと結果からの分析が必要。僕に足りないところはどこだろうか。このテストを学力とは捉えてはいないのだが、それでもこういう結果も出せるようになりたい。 やってみてわかったのは、うちのクラスは発展的学習に弱い。確かに…

OmniFocus、WorkFlowy、Evernote、知的生産を促してくれるツールに共通している3つのこと

自分の知的生産を促してくれる次のツールに共通している3つのこと。 OmniFocus 2 The Omni Group 仕事効率化 ¥4,800 Evernote - あらゆる情報をまとめて記憶 Evernote 仕事効率化 無料 chrome.google.com 1つ目は、全体を俯瞰できること。この箱(アプリ)…